M&A|辻・本郷 ビジネスコンサルティング

M&A

企業間競争を勝ち抜くためには、グループ企業の総力結集や再編が必要となってきます。また、新しい市場参入のために、
M&A戦略は重要です。これらの新しい経営戦略の企業調査から事業展開まで支援いたします。

業務案内

M&A Solutions

M&Aフロー サービス提供の流れ

業務フロー

M&A成功のポイント

1.基本戦略の分析・評価

M&Aの実施に当っては、その根底に様々な仮定や経営戦略があります。具体的には、調達・製造・物流・財務・システム等の企業の状況、市場の状況、過去の実績と将来キャッシュ・フローといったような仮定や前提を把握し、分析評価します。M&Aを成功させるためには、合理的な仮定や前提条件に立脚していることが重要です。

2.シナジー効果の検証

M&Aが会社に与えるシナジー効果も重要な要素です。このシナジー効果には、プラスのシナジーのみならず、企業価値を毀損するようなマイナスのシナジーも考慮する必要があります。プラスのシナジー効果を把握し、その効果を十分に引き出すことが成功の要因となるのです。

3.具体的な条件交渉

実施されたM&Aから最大の効果を引き出すためには、買収(売却)価格やその他契約条件について、相手企業と十分に交渉を行うことが重要となります。会計・税務・業務・人事・システム等といった企業を構成する多面的な情報を十分に得て、M&Aの実施条件に反映させていくことが、第3の要素です。

4.ポストマージャーマネジメント

M&A実施後の統合を効率的かつ効果的に行うことが、M&Aの成否を左右する重要な要素となります。買い手と買収対象企業との異なる経営体質・人事・コミュニケーション・カルチャーといった統合のための障害となる事柄をうまく調和させることが、M&Aを成功させる鍵となるのです。