その他コンサルティング|辻・本郷 ビジネスコンサルティング

その他コンサルティング

人材育成講座

職員教育はコストではなく「投資」です。

各職員・各役職者が法人の理念や自分に与えられた立場・役割を理解し、現場で力を発揮するためには、
多角的な視点や知識・技能が必要となります。

こうした職員の育成は、利用者の満足に直結し、法人・施設の継続的な発展に寄与します。

私どもがご提供する各講座では、業界の動向や日本経済といったマクロな問題から、
職員の管理能力向上や
経営分析のポイントまで、幅広いテーマに沿ってご説明致します。

法人にとって、人材育成のための研修費用は、コストではなく未来への「投資」です!

魅力ある職場づくりと人材確保・育成のため、「人材育成研修」を実施しましょう。

【研修講座の一例】(社会福祉法人向け)

1. 国が進めている「社会保障と税の一体改革」の趣旨と具体的政策

2. 社会福祉制度改革から見る「これからの社会福祉事業者モデル」

3. 地域包括ケアシステムの概要と福祉サービスの将来像

4. 社会福祉法人が行うべき居住系サービス事業

5. 今後の在宅医療の重要性・必要性・体制構築について

6. 社会福祉法人に求められている今後の在り方

7. 施設運営から法人全体への経営的視点の意識付け

8. 社会福祉施設のリスクマネジメント・防災対策・BCPの実務

9. 福祉サービスにおける業務マニュアルの役割と留意点

10. サービスレベル向上のための顧客への接遇と苦情対応

11. 介護事業を手掛ける社会福祉法人の営業戦略

12. 福祉の現場における労務関連法規の理解

13. 福祉の現場における固有の労務管理

14. 福祉の現場で必要なメンタルヘルスケアの実務

15. 福祉の現場で起きうるパワハラ・セクハラ・新型うつ病等への対応

16. 福祉の現場における就業規則・各種規定の理解と整備のポイント

17. 福祉の現場で必要な人事制度の在り方

18. 福祉事業者のためのキャリアパスの基本(キャリアパスモデルの理解と測定指標と評価基準)

19. 福祉事業者のためのキャリアパスの応用(キャリアパスモデルの応用で得られる個々のキャリアステップのイメージ)

20. キャリアパスモデルを実践に置き換えた考課者訓練のポイント

21. 人事制度定着のためのポイント

22. 社会福祉法人にとっての「会計」とは

23. 社会福祉法人に求められる「経営分析」とは(法人・拠点)

24. 社会福祉法人に求められる「業務分析」とは(部門・個人)

25. 年度・中長期事業計画の策定(業務改善・収支改善)

※研修は1講座からご利用できます。
※貴法人内での実施が可能です。
※共同での研修開催にも対応できます。

コース例
管理・リーダー向け研修コース
「社会福祉事業者・施設における管理者・リーダー向け育成プログラム」
コース概要
全7回:21時間 (1講座/3時間)
・国が進めている「社会保障と税の一体改革」の趣旨と具体的政策
・社会福祉制度改革から見る「これからの社会福祉事業モデル」
・施設運営から法人全体への経営的視点の意識付け
・社会福祉施設のリスクマネジメント・防災対策・BCPの実務
・福祉サービスにおける業務マニュアルの役割と留意点
・サービスレベル向上のための顧客への接遇と苦情対応
・介護事業を手掛ける社会福祉法人の営業戦略
金額
@210,000円 / 1名  (テキスト代込/消費税別)

※コース設定や講座内容はご要望に合わせて調整可能です。